2021/11…金曜日夜に生まれたセレナーデたち

神無月のころ

つれづれなるまま 神無月のころなど

意味もわからずただ詰め込んだ学生時代

一杯の珈琲にも物語

あの頃の楽しみ

深夜放送、ミルクコーヒー

歳を重ねた今、その意味を味わっている

徒然なるままには まだ早いけど

エスプレッソ片手に

山里の苔の細道に思いを寄せる

それもまた いとおかし

歳を重ねた今、その意味を味わっている

徒然なるままには まだ早いけど

エスプレッソ片手に

小さな約束

秋の夕暮れ 風が冷たい

あなたに貰った手袋が懐かしい

秋は私に魔法をかける

あなたとの思い出がたくさん

思い出すとココロが暖かくなる

あれから何年経つかな

あなたと交わした最後の約束

とても小さな約束だけど

私にとってそれは唯一の光

ずっと心の奥にしまってるまま

今は別々の道だけと

輝く光に導かれて遠回りしているだけ

そんなふうに願っている

南国生まれだから

ウクレレは南国育ちだから冬は少しかわいそう

南の風が北風に押されてしばらく冬が続く

だからウクレレに服を着せて

可愛い服を着せてあげて欲しい

アロハを羽織ったウクレレが部屋に南風を運ぶ

常夏の島で育った音色が部屋を温める

歌う歌も常夏の島の歌誰もが知ってる

ウクレレに服を着せたらこんなに暖かくなった

ウクレレを弾いて南国の気分

シェアする
おやすみ工房をフォローする
おやすみ工房 | 毎週金曜日の夜に生まれるセレナーデ
タイトルとURLをコピーしました